一の台住宅団地法面対策工事完成しました!

昨年9月から作業を進めていました

一の台住宅団地南斜面の法面対策工事が

無事に完了しました!


今回の工事箇所は土砂災害特別警戒区域に指定されており

度重なる大雨や地震の影響により、

一部分で崩落の危険性があるということで

必要な崩落防止対策として行われた工事でした。


工事の作業内容を簡単に書いてみると・・・


* 伐木除去工(現場内に生えている木を切って、片づける作業)

* 仮設工(大型車両通行のための、敷き鉄板を設置する作業)

* 道路土工(カゴを設置するために、地面を掘る作業)

* 擁壁工(カゴを組み立てて、砕石を詰める作業)

* 法面工(カゴ上部の斜面を整えて、土が流れないように植物の種を播く作業)


擁壁工 写真

バックホーで砕石をかごに入れて、手作業で均していきます。

1段1mの高さのカゴを7段積み上げました。



 着手前(2020.7月)    完成(2021.5月)


  着手前(2020.7月)    完成(2021.5月)


今回の現場の隣で、昨年も同様の工事を行ったのですが

掘り進めていくと、ある高さのところで

土質が変化して、水が湧き出してくる箇所が存在しており

掘削して2日くらい経つと 斜面が崩れることが何度かありました。

土止めを行いながらの作業となり、手間は掛かりましたが

人的被害がなかったのが幸いでした。


近年、雨による災害が増えているように感じます。

川の増水ばかりではなく、土砂災害等の危険な箇所も

金ケ崎町防災マップでチェックしてみてはいかがでしょうか?

https://www.town.kanegasaki.iwate.jp/01bousaimap/







特集記事