安全祈願祭を執り行いました。

 先月、11月18日農地中間管理機構関連農地整備事業 大森・鳥の海上地区の

工事の安全を祈念して、神事による安全祈願祭が厳かに執り行われました。


 当日は、地元地権者、金ケ崎町の関係者など大森・鳥の海上地区農地整備事業施行委員会及び施工事業者二社(㈱板宮建設・工藤建設㈱)を含む38人が出席して、金ケ崎町永沢地内で開催しました。



コロナ渦中であるため、感染対策を徹底した開催となりました。




大森・鳥の海上地区施行委員会副委員長 小野まり子 様(写真 左)より

開会の辞があり、司会進行は、我社_㈱板宮建設 管理部の後藤が務め、

式が進行されました。👏


鍬入れの儀は、

県南広域振興局農政部

農村整備局長様、金ケ崎町長(代理_金ケ崎副町長)様、

永沢土地改良区理事長様、

前永沢土地改良区理事長様、

大森・鳥の海上地区

施行委員会委員長様の

5名で行われました。



この日に合わせて作られた盛砂は、5人用?のとても大きな盛砂でした。




最後に、金ケ崎町長 様と

大森・鳥の海上地区施行委員長 

高橋徳一 様、

我社㈱板宮建設 代表取締役社長 

板宮一善 から謝辞がありました。

(写真は㈱板宮建設社長)




 厳かにかつ盛大に工事安全祈願式が執り行われ、

閉式しました。👏