一関第2遊水地護岸工事完成しました!

May 15, 2020

 

令和元年9月から工事を進めてきました

一関遊水地第2遊水地護岸工事が無事に竣工しました (/・ω・)/(/・ω・)/(/・ω・)/

 

遊水地とは・・・洪水時の増水した水を 一時的に溜めて、市街地への水害を

抑えるための土地のこと です。

 

2017年に完成した長島水門は第2遊水地の施設の一部になります。

 

今回の工事で板宮建設が手掛けたのは、

 

① 長島水門へつながる河川の護岸の整備

② 越流提(増水した時に水量調整を目的として 一部を低くした堤防)の整備

③ 排水樋門(堤防の中を水が通り抜けるための管)の整備

 

の主に3つの工事でした。

 

工事前(2019.9月)

  青々と茂っている 周辺の草刈りや竹切りから作業をはじめました。

 

2019.12月

 

 

 仮設の道路をつくり 水門の法面にブロックを張っていきます。

 

2020.1月

 

 

 ブロック張りと並行して、排水樋門の基礎部分の掘削を行っています。

 

2020.2月

 

 水門法面部分のブロックの上に、芝を張りました。

 川裏の管理提が完成しました。

 越流堤のかごマットの施工をしています。

 

完成(2020.3月)

 

完成後の動画撮影にもチャレンジしてみました!

 

 

板宮建設として、初めてICT(情報通信技術)を活用して、測量から施工、

維持管理するという工事だったので、現場代理人はじめ技術者の方々は

戸惑い…悩み…悩み???(-"-)??? の毎日だったと思います。

 

竣工した夜は、胸なでおろし、枕を高くして眠りについたことでしょう。

こころの底からおつかれさまでした!!

 

しかし、このように着工前から完成までの写真を並べてみると、建設業ってやっぱり

すごいなあと思います。すごいなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事